http://kldfjcds.syakuhati.com/

Googleアクセス解析ツール

Google Analyticsは、無料で使えるアクセス解析ツールで、機能が豊富なため、アクセス解析を行っている企業のほとんどが導入しています。

Google Analyticsは、サイトに訪問したユーザーが、「どこからきて」、「どのようなページを見て」、「どれくらい滞在した」かがわかります。

Google Search Consoleも無料で使えるアクセス解析ツールで、SEO管理者には必須のWebサイト管理ツールです。Google Analyticsでは、Webサイトにアクセスされる前のデータが取得できないためわかりませんが、Google Search Consoleでは、Webサイトへアクセスしてくる前のデータが閲覧でき ユーザーが、「どこから来たのか」「どんなページを見たのか」「どれくらい滞在したのか」などのデータの取得が可能で、さらに、検索結果で自サイトのページがどれくらい表示されているか、どれくらいクリックされているかなどのデータも見ることができます。

以前は「Googleウェブマスターツール」という名称で、ウェブマスターを向けのツールとして提供されていましたが、ウェブマスターに限らない全てのユーザーを対象とする方針を決定し、Google Search Consoleに名称が変更されました。

Google Search ConsoleとGoogle Analyticsは、同じGoogleアカウントを使用している場合は、連携することができます。連携することによって、Google Analytics側からもGoogle Search Consoleのデータを閲覧することができるようになります。

SEO対策を行う場合、コンテンツ対策と被リンク対策の2つを両方整えることが大切です。まずこの2つの施策を行ってから、それからサーチコンソールを利用開始するようにしましょう。

Google Analytics、Google Search Consoleについての簡単な説明とSEO対策については、北海道の谷口組のサイトにわかりやすく掲載されているので、そちらを参照すると良いでしょう。